将来の資産形成を目指す人にお勧めしたい投資商品

おはようございます。横山光昭です。これから投資をはじめよう、証券口座を新しく開こうと考えている方にお伝えしたいことがあり、早朝から投資の話を。

SBI証券の「SBI・V・シリーズ」をご存知ですか?最近シリーズ化したものなのですが、これがなかなかいい感じ、というかスゴイんです。今までは割と楽天証券の商品をお勧めすることが多かったのですが、SBI証券の商品も非常に良いものでしたので、初心者の方、口座変更を考えている方、またはSBI証券の中で商品の変更を考えている方などに知っていただきたいです。

ポイントを絞り、数回に分けてお伝えしていけたらと思います。今日は全体像的なお話から。

もともとSBI証券には「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」というものがあります。これは、バンガード社が運用する「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」を投資対象にしたファンドなんです。

バンガード社と聞いてピンとくる人もいるかもしれません。そう、私がよくお勧め銘柄として挙げている「楽天・全世界型インデックスファンド」とか「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の投資対象を扱っている会社の商品です。

SBI証券ではこの「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」が昨年、一番売れたファンドだったそうです。それを受けてか、企業努力か、このファンドに新たに2銘柄を加え、「SBI・V・シリーズ」を作ったのですが‥このうちの1銘柄が特にスゴイ!

なぜかというと、楽天と同様にバンガード社のVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)を投資対象にしているのに、手数料が非常に安いんです。比べていただくとわかるのですが、楽天のVTIの信託報酬は0.162%程度であるのに対し、SBI証券では0.0938%程度です。

0.07%弱しか変わらないから気にならないという人もいるかもしれませんが、それはとんでもない。利益を少しずつ増やしていくインデックスファンドへの投資は、わずかな支出も無駄にしたくないもの。気にしていただきたいところなのですよね。

しかも、三井住友カード決済をすると、Vポイントが1.5%に。カードの種類によっては、最大3%にもなるそうです。このVポイントによるポイント投資は、まだ検討段階ということですが、SBI証券ではすでにTポイントによるポイント投資がありますから、今後どうなっていくでしょうね。

SBI証券のホームページはこちら
SBI・Vシリーズのページはこちら
★口座開設はこちら→SBI証券