SBI・Vシリーズを買うなら、S&P500? 全米株式?

先日お伝えしたSBI・Vシリーズ。評判はかなり良いですね。
私もお客様に、この商品を良く紹介するようになりました。

このシリーズの良さは「バンガード社のETFを投資信託として小分けで購入できること」のほか、投資信託に必ずかかる「信託報酬などの手数料が安い」ということ。これは魅力です。

商品は

・SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
 (「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」から改称)
・SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
・SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド

以上3つです。

この中の「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」が、私の中では一押しです。
この商品は、世界経済を牽引する米国の企業約4,000社の株式にまとめて投資できる商品。バンガードが運用する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」を実質的な主要投資対象としています。

このVTIという商品の話をする前に、「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」が投資対象としている「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」について知っておきましょう。

これは、世界経済を牽引する米国を代表する企業約500社の株式にまとめて投資できる商品で、米国の代表的な株価指数である、S&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果を目指すものです。

保有銘柄の上位にGAFAM(Google,Apple,Facebook,amazon,Microsoft、ガファムと呼びます)といったITの銘柄を含んだ、主要大型米国株にフォーカスしています。

一方、「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」は、対象が広がります。S&P500を構成する約500銘柄だけではなく小型銘柄や中型銘柄も組み込み、米国株約4000銘柄へ投資が行われているのです。VOOよりも幅広い投資対象へ投資することができるのです。

選び方としては、大企業中心に投資をしたいのならVOO、もっと幅広く投資をしたいのなら、VTIを選択するとよいのです。ですが、これらはETFという、上場投資信託。1株買うにも値が張ります(現在のところ一株あたり円貨で、VTIは25000円ほど、VOOは44000円ほど)。そこで、投資信託を利用するのです。100円から買えますから。

楽天にはVT、VTIをもとにした投資信託があります。SBIにはVOOの投資信託がありましたし、VTIをもとにした投資信託ができました。そして手数料はSBIが断然安い。ですから楽天とかぶっているVTIについては、手数料がより安いSBI証券の「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」を推してています。

SBI・Vシリーズの取り扱いは、SBI銀行だけ。今なら複数のキャンペーンを実施しています。
口座開設を検討中の方には、良い時期かもしれません。

★口座開設はこちら→SBI証券

SBI証券のホームページはこちら

SBI・Vシリーズのページはこちら